アレルギー対応キャットフードおすすめランキング!低アレルゲンの猫用の餌

アレルギー対応キャットフードおすすめランキング!低アレルゲンの猫用の餌

猫はアレルギー反応を引き起こすことが多々あります。

アレルギー対応のキャットフードを与えることで、リスクが軽減できますので、ランキング形式でこちらに詳しくまとめてみました。

アレルギーが心配な飼い主さんは、ぜひ参考にしてみてください。

アレルギー対策フードを選ぶ3つのポイント

アレルギー対策という観点でキャットフードを選ぶポイントを3つご紹介します。

  1. アレルギー対応
  2. グレインフリー
  3. 無添加

1.アレルギー対策を意識したフードを選ぶ

食物アレルギーの場合は、特定の食材が原因となっていることが多いため、アレルゲンの特定をしやすいフードを選びましょう。

その際は原材料がしっかりと明記されていて、主原料が1~2種類までと少ないフードを選びます。

主原料が多いフードだと、どの原材料がアレルギーか候補が多すぎて特定できないからです。

またアレルギーの原因となり、消化に悪い穀物が少ないフードを選ぶことも意識しておきましょう。

2.グレインフリーキャットフードを選ぶ

アレルギー対応キャットフードおすすめランキング!低アレルゲンの猫用の餌

トウモロコシや小麦は、猫のアレルギー反応を引き起こす可能性が大いにあります。

これを避けるためにも、穀物を使用していないキャットフードを選ぶことが第一です。

グレインフリーのキャットフードを選ぶと、どうしても値段が高くなってしまうけど、その分厳選した材料が使用されています。

安さに惹かれて穀物を使用しているキャットフードを与え続けると、結局病院通いになって高くつくこともあります。

何より、大切なペットの健康のことを考えて、穀物は避けるようにしましょう。

3.無添加のキャットフードを選ぶ

香料や着色料、甘味料、保存料といった人口添加物もまたアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

安価なキャットフードには、これらの添加物がたっぷり入っています。

大切なのは、なぜそんなに大量の添加物を使わなければならないのかということです。

それは、粗悪な原材料をそのままキャットフードに加工してしまっても、猫が寄り付かないため。

香料や着色料などで誤魔化さないといけないくらい粗悪な原材料を使っていると考えれば、与えない方が良いということは一目瞭然ではないでしょうか?

無添加のキャットフードも販売されていますので、リスク回避のためにもこういったものを選んでくださいね。

アレルギー対策に最適なキャットフードランキング

アレルギー対策にも配慮しているおすすめなキャットフードランキングは以下の通りです。

1位:モグニャン

モグニャンは被毛や筋肉、皮膚を健康に保つために必要なたんぱく質が豊富に含まれています。

更に、グレインフリーかつ無添加。

アレルギー対策がバッチリなキャットフードなんです。

肉やサーモンの他に、フルーツや野菜も入っているので色々な味が楽しめます。

飽きやすい猫ちゃんにもおすすめです。

モグニャンの詳細はこちら

2位:カナガンキャットフード

カナガン公式

安価なキャットフードには、鶏のクチバシや目などが使われていることがあるのですが、カナガンは肉のみを使用しています。

穀物も不使用なので、アレルギー反応の心配も軽減できます。

たんぱく質も豊富なので、そういった点もおすすめのポイントをになります。

イギリス最高級のキャットフード『カナガン』の詳細はこちら

3位:シンプリーキャットフード

シンプリー公式

以前までのシンプリーには、米などの穀物が配合されていました。

しかし、現在は改良されていて完全な穀物不使用つまりグレインフリーとなっています。

アレルギーが心配な猫ちゃんにも安心して与えることができるキャットフードに生まれ変わっています。

シンプリーキャットフードの詳細はこちら

アレルギー対策キャットフードで良くある質問4選

アレルギー対応キャットフードおすすめランキング!低アレルゲンの猫用の餌

猫にまつわるアレルギー対策には、様々な疑問もあるかと思います。

よくある質問4選をご紹介させていただきます。

1.キャットフードでアレルギー性皮膚炎は良くなるの?

良くなる場合もあります

猫のアレルギー性皮膚炎は、人間のように原因を特定することが難しいとされています。

キャットフードでアレルギー性皮膚炎対策ができることもあれば、できないこともあるというのが回答になります。

2.国産キャットフードでアレルギー対応フードはあるの?

あります

国産なら安心できるという飼い主さんも多いのですが、実は海外よりも日本の方がペットフードの安全基準が緩いんです。

国産だから安全という訳ではありませんが、国産キャットフードにも小麦アレルギーの猫ちゃんのための「グレインフリー」のものが増えています。

人間が口にする食べ物の規制は厳しいのですが、ペットに関しては基準が異なるので、ご注意ください。

国産無添加キャットフードおすすめ人気ランキング!日本産の猫の餌の選び方

3.魚のキャットフードはアレルギーを起こしづらいって本当?

魚の中では白身魚がアレルギーを起こしにくいと言われています

食材によって猫のアレルギーが起こる場合、その原因は牛肉や魚であるケースが多い傾向があります。

魚が安心という訳ではないし、統計的にはチキンの方がアレルギーが起こりにくいというデータもあります。

4.市販の安いアレルギー対策フードはあるの?

あります

ありますが、安いキャットフードには、穀物がたっぷり含まれていることがほとんどです。

原価を抑えるためには、トウモロコシや小麦などの穀物でかさ増しをするしかありません。

原材料にこだわって、お肉や魚をふんだんに使っていては原価は高騰する一方です。

安さを選ぶのであれば穀物が入っているものとお考え下さい。

つまり、安くてアレルギー対策もできるキャットフードというのは、探すのも困難と言えます。

アレルギー対策はモグニャンで決まり!

アレルギーが心配な場合は、まず穀物を完全除去してあげることです。

更に、必要なたんぱく質や脂質を含んでいて、なおかつ無添加となるとおすすめはモグニャンですよ。

モグニャンはマグネシウム量も控えめになっているので、尿路結石対策もできます。

また、チキンとサーモンに加えてフルーツや野菜もふんだんに使用されているので、1粒1粒違う味が楽しめます。

元々移り気で気まぐれな性格でもある猫ですが、興味を持って食事を楽しんでくれるでしょう。

モグニャンはクオリティの割にコストパフォーマンスが高いという点でもおすすめです。

愛猫にずっと健康で長生きして欲しいと思う反面、必要なお金のことも気になってしまうのも事実かと思います。

モグニャンであれば、アレルギー対策も講じながらもお財布には優しいので、長く愛用できるキャットフードと言えます。

アレルギー対策をお考えの飼い主さんは、ぜひまずはモグニャンをお試しください。

モグニャンの詳細はこちら