黒いほど希少なサイベリアンってどんな猫?販売価格や性格について

黒いほど希少なサイベリアンってどんな猫?販売価格や性格について

ふわふわの被毛が魅力でもあるサイベリアン。

数ある毛色の中でも、黒い方が希少価値が高いとも言われています。

サイベリアンの販売価格の相場や性格、寿命、気を付けるべき病気などについてまとめてみました。

サイベリアンの子猫の値段・価格相場

黒いほど希少なサイベリアンってどんな猫?販売価格や性格について

サイベリアンは希少価値が高いので、ペットショップで購入するのは困難かもしれません。

もしもペットショップで販売されていた場合ですが、相場は20~50万円くらいです。

専門のブリーダーから直接購入する場合の相場は非常に幅広く、20~100万円と考えてください。

血統書付きかどうか、親猫がキャットショーでチャンピオンになっているかなどで値段が変動します。

黒いサイベリアンは希少で高額!

黒いほど希少なサイベリアンってどんな猫?販売価格や性格について

黒のサイベリアンは希少価値が高いので、相場も一気に跳ね上がります。

更に血統が優れている場合は、もっと高額になることもあります。

高値が付くと数百万円にもなることがあり、それだけ価値が高いということがうかがえますよね。

サイベリアンの性格

体が大きいので少し圧倒されるかもしれませんが、見た目とはギャップのある性格にも注目してみましょう。

ポイントは以下の3つになります。

  • 温和
  • 賢い
  • 従順

温和

一般的な傾向としても、大きい猫の方がおっとりとしていて温和です。

サイベリアンにも同じようなことが言えます。

優しくておとなしく、平和主義なところがあります。

賢い

サイベリアンは猫の中でもかなり賢く、フェッチングをして遊ぶこともできます。

フェッチングは投げた物を取りに行かせるというような遊びなので、犬に近い感じもしますよね。

犬にも負けないくらいの賢さを持ち合わせているのも、サイベリアンの魅力のひとつと言えます。

従順

迫力のある見た目なので、ワイルドな感じがするサイベリアンですが、実はとても従順なんです。

まるで犬のようだと言われる理由は、ここにもありました。

飼い主さんのことも心から大切に思ってくれるので、良きパートナーとなってくれるに違いありません。

サイベリアンの特徴

黒いほど希少なサイベリアンってどんな猫?販売価格や性格について

手足が短く胴が長いサイベリアンは、ライオンにも似ています。

筋肉質で体もがっしりとしており、パワーにみなぎっているのもサイベリアンの特徴です。

体が大きいので動きが鈍そうにも思えますが、運動能力もかなり高く、1~2メートルのジャンプもお手の物です。

サイベリアンの大きさ

サイベリアンはイエネコの中でも最大級と言われるほど大きな体をしています。

体重は軽いと5kg程度なのですが、重いサイベリアンは12kgくらいになることもあります。

長毛種なので、更に大きく見えるのもサイベリアンならではの特徴です。

サイベリアンの毛色の種類

サイベリアンの毛色の種類は以下の通りです。

  • ブラック
  • レッド
  • ホワイト
  • クリーム
  • ブルー
  • シナモン
  • ブラウンマッカレルタビー
  • ポインテッド

希少価値が高いブラックをはじめ、茶系のレッドやホワイト、クリーム、グレーに近いブルーやシナモン、ブラウンマッカレルタビー、ポイントテッドなど、本当に様々なですよね。

公認されているサイベリアンの被毛の色は、団体によってまちまちです。

サイベリアンの原産国であるロシアにおいては黒と赤のみが認められています。

一方、アメリカでは他の色も公認されているので、団体によって違いがあることが分かりますよね。

サイベリアンの寿命について

黒いほど希少なサイベリアンってどんな猫?販売価格や性格について

サイベリアンの平均寿命と最長寿命について見ていきましょう。

サイベリアンの平均寿命

サイベリアンの平均寿命は、10~15年

一般的な猫の平均と同じくらいか、若干短めですね。

サイベリアンの最長寿命

大型な猫は短命な傾向がありますが、サイベリアンに関してはその限りではありません。

最長では20歳くらいまで生きるケースもあります。

飼い主さんのサポートが長寿の秘訣でもあるので、病気の早期発見や栄養バランスのとれた食事などに気を付けてあげましょう。

サイベリアンが気をつけたい病気

サイベリアンが気を付けるべき病気は、以下の5つになります。

  • 悪性腫瘍
  • 肥大型心筋症
  • 多発性のう胞腎
  • 熱中症
  • 毛球病

悪性腫瘍

犬の方が腫瘍ができやすいというデータもあるのですが、白猫に関しては悪性腫瘍ができやすいので注意が必要です。

サイベリアンについても、被毛が白い場合は悪性腫瘍ができやすい傾向があります。

たとえ小さなおでき程度だったとしても、発見した場合は必ずかかりつけ医に相談してみましょう。

肥大型心筋症

肥大型心筋症は、その名の通り心筋がどんどん肥大化していってしまう病気のことです。

心筋が肥大化すると、血液循環が上手くいかなくなります。

血栓ができやすくなり、最悪の場合は死に至るケースもあります。

初期症状は無症状であることがほとんどなので、定期的な健康診断で発見できるようにサポートしてあげましょう。

多発性のう胞腎

多発性のう胞腎は、サイベリアンの遺伝病のひとつです。

腎臓にのう胞ができることによって腎機能が低下してしまう恐ろしい病気です。

初期症状があまり見えないので発見が遅れがちなのですが、定期的な健康診断で発見できますので、早め早めに検査を受けるようにしましょう。

熱中症

サイベリアンの魅力でもあるダブルコートのモコモコの被毛は、寒さ対策と防水対策のためでもあります。

元々寒い地域で暮らしていたこともあり、このような被毛なのですが、日本の夏は特に注意が必要です。

室内の温度が28度以下をキープできるように、エアコンや扇風機を活用するようにしましょう。

真夏に分厚い毛皮を着ているも同然ですので、熱中症のリスクがあります。

毛球病

サイベリアンは被毛が厚いので、長毛種にありがちな毛球病になりやすい傾向があります。

グルーミングなどによって飲み込んだ被毛が消化器官にたまり、排泄できなくなった場合は腸閉塞を起こすことも…。

手術が必要になることもあるので、日頃からブラッシングでケアすることが大切です。

プーチン大統領から日本に送られて話題に

黒いほど希少なサイベリアンってどんな猫?販売価格や性格について

出典:マイナビニュース

サイベリアンの原産国であるロシアのプーチン大統領が、秋田県知事にサイベリアン「ミールくん」を送ったのは、2013年2月の出来事でした。

このニュースが報道されるとすぐさまインターネット上でも話題になりましたよね。

モフモフで可愛すぎると一気に注目が集められ、確実に認知度も上がったと言えます。

サイベリアンの特徴まとめ

黒いほど希少なサイベリアンってどんな猫?販売価格や性格について

イエネコの中でも最も大きいと言われているサイベリアンは、賢くて穏やかな性格なので、意外と飼いやすいんですね。

モフモフで可愛らしいその姿には、思わず笑みがこぼれるほど癒されてしまいます。

気を付けるべき病気についてもご紹介しましたが、日頃からのコミュニケーションや定期的な健康診断を欠かさなければ、きっと長生きできます。