シャルトリューのキャットフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方

シャルトリューのキャットフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方

青みがかった銀色の被毛で人気のシャルトリュー。

運動量も多く、しっかりとした体格のシャルトリューに、評判が良いおすすめの餌の選び方をまとめました。

シャルトリューの高品質な餌を選ぶ3つのポイント

シャルトリューのキャットフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方

シャルトリューの餌を選ぶポイントは以下の3つです。

  1. 無添加のキャットフードを選ぶこと
  2. グレインフリーのキャットフードを選ぶこと
  3. 高たんぱく質で高品質な原材料を使用していること

シャルトリューのための高品質な餌選びのポイントを3つに絞ってご説明します。

この3つのポイントをしっかりおさえていれば、間違うことはありません。

愛猫にはできるだけ健康で長生きして欲しいですよね。

それをサポートできるのは飼い主さんだけですので、ぜひ参考にしてください。

1.無添加のキャットフードを選ぶこと

人工的な添加物を含んだキャットフードは、粗悪な肉を使用していることが多いので、原材料に○○ミートなどと書かれているフードはおすすめしません。

粗悪な肉は味や色が悪いので、食いつきをよくするために添加物が使われます。

酸化防止剤は嗜好性の低下防止、発色剤はフードに色を付け美味しそうに見せるために使われます。

フードに色を付けても、猫に美味しそうな色だなぁなんてわかりません。

飼い主さんに美味しそうだなと思わるためです。

人工的な添加物はガンを発症する危険性があるので、無添加のキャットフードを選ぶことが大切です。

2.グレインフリーのキャットフードを選ぶこと

キャットフードの原材料に、穀物が使われているフードもあります。

穀物の中でもトウモロコシや小麦が使われているキャットフードは、原材料の嵩を増して価格を安くするために使われています。

猫は炭水化物を消化しにくい体質なので、炭水化物を多く摂ると消化不良や、消化器の病気を誘発する原因になります。

穀物を含まないグレインフリーのキャットフードを選んであげてください。

3.高たんぱく質で高品質な原材料を使用していること

猫のエネルギー源は、たんぱく質です。

人や犬は雑食なので、必ずしも肉(動物性のたんぱく質)を食べなくても生きていけますが、猫は肉を食べなくては生きていくことが出来ないという「完全肉食」の動物です。

猫に必要な一日のたんぱく質量は体重1kgに対して3~5g。

キャットフードを選ぶときは、たんぱく質が十分に含まれているかに注意してください。

厳選された原材料を使用しているキャットフードを選ぶことも大事なことです。

欧米では、キャットフードの製造に、ヒューマングレードの原材料しか使用できないという法律がある国もあるくらいです。

シャルトリューにおすすめなキャットフードランキング

「犬のような猫」といわれるくらい運動量が多いのが、シャルトリュー。おすすめなキャットフードを選んでみました。

1位:モグニャン

シャルトリューは、短毛だけど被毛が密集しているので、高温多湿の日本では皮膚疾患がおこりやすくなります。

モグニャンは、グレインフリーの低アレルギン食材を使用しているから、皮膚の疾患の予防にもぴったりです。

また、白身魚を原材料に使っているので、低脂肪、高たんぱく質。

たんぱく質に含まれるタウリンが、しっかりした体格を作ってくれます。

プレミアムキャットフード『モグニャン』の詳細はこちら

2位:ねこはぐ

ねこはぐ公式

原材料はすべて国産というキャッチフレーズで、2017年12月に発売になった「ねこはく」。

原材料はもちろん全部国産のものを使っており、品質管理が徹底された国内の工場で生産しているので、安心安全です。

少量の雑穀米を使用しているので腹持ちも良く、肥満対策やカロリー制限にもなります。

国産のキャットフードを食べさせたいと思っている飼い主さんには、おすすめです。

ねこはぐの詳細はこちら

3位:カナガンキャットフード

カナガン公式

たんぱく質源には、チキンをたっぷり使用。

原材料にもこだわっているので、高たんぱくで栄養もたっぷりだから、食いつきも抜群です。

グレインフリーなので、皮膚のトラブルの予防や、運動量が減ったときの肥満対策にもなります。

皮膚の健康が心配なシャルトリューですが、サーモンオイルが配合されているので、皮膚や被毛の状態もよくなることが期待できます。

イギリス最高級のキャットフード『カナガン』の詳細はこちら

シャルトリューに与えるキャットフードの給餌量・カロリー・食事回数はどのくらい?

シャルトリューは子猫のときの栄養分が足りないと、成猫になってから腎臓疾患にかかりやすくなるので、3~6か月の子猫の間は、食べたいだけフードを与えてください。

1年で成猫になるので体重も3~5kgになります。

肥満にならないようにキャットフードに書かれた量を目安に調整して与えるとよいでしょう。

子猫のときは1日の食事量を3~5回に分けて与えますが、成猫になると1日の規定量を朝夕2回に分け、運動量や体重に応じて量を調整して与えてください。

1日に必要なカロリーは、体重1kgあたり70~80kcalです。

シャルトリューがキャットフードを食べない時の正しい対処法とは?

シャルトリューのキャットフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方

  1. キャットフードの見直し
  2. おやつを減らす・やめる
  3. 時間内に食べなかったら片付ける
  4. トッピングしてアレンジ

シャルトリューに限らず、猫は味覚に優れていて美食家です。

ちょっとしたことで食べないということがあります。

たとえば、フードを長時間放置していたために臭いが消えたとか、同じフードばかり与えていると飽きてしまったということがあります。

長時間放置している場合は、新しいフードに換えるか、そのまま食べさせたいときはウェットフードや猫用のふりかけを少し混ぜると食べてくれます。

同じフードに飽きてしまう猫もいます。

数種類のフードを準備しておき、時々換えてあげるとよいでしょう。

シャルトリュー専用のキャットフードは存在するの?

シャルトリュー専用のキャットフードは、ありませんが遺伝的に腎臓疾患を起こしやすいので、水分が多いフードを選んで与えるとよいでしょう。

モグニャンがシャルトリューにおすすめな理由とは?

グレインフリーなので、低アレルギーのフードです。

シャルトリューは被毛が多く、皮膚疾患を起こすやすいので、アレルギーによる皮膚病の予防になる原材料が使われているモグニャンがおすすめです。

また、高たんぱくの白身魚を使用しているので、運動量の多いシャルトリューにも十分なエネルギーの供給ができます。

シャルトリューの食いつきの評判の良さで選ぶならモグニャン!

粗悪な原材料を使用しているキャットフードは、食いつきが悪いので人工の添加物を使っています。

モグニャンのキャットフードは、天然の原材料を使っているので、食いつきも抜群。

栄養バランスも優れているので、シャルトリューにはぴったりのフードです。

  • 獣医師の92%が使い続けたいと回答!
  • 93.9%が継続したいと答えた高満足度フード!
  • 高タンパク質・グレインフリー・無添加フード!
  • 全猫種・全ライフステージ対応のプレミアムフード!

プレミアムキャットフード『モグニャン』の詳細はこちら