カリカリキャットフードおすすめ人気ランキング!猫用ドライフードの選び方

カリカリキャットフードおすすめ人気ランキング!猫用ドライフードの選び方

猫用のフードには、缶詰やウェットフード、スープタイプなど様々な種類がありますが、やっぱり定番はカリカリキャットフードです。

今回は、数あるドライフードの中から本当に愛猫に相応しい商品を選ぶためのポイントについて解説します。

少しでも参考にしていただければ幸いです。

ドライフードの安心なキャットフードを選ぶ3つのポイント

カリカリキャットフードおすすめ人気ランキング!猫用ドライフードの選び方

ドライフードを選ぶうえで重要なのが、以下の3つ。

  1. グレインフリーのキャットフード
  2. キャットフードの原材料が良質
  3. 無添加キャットフードであること

これさえしっかり頭に入れておけば、良いキャットフードに巡り合うことができますよ。

ポイントが3つなので案外簡単かと思われるかもしれませんが、パッケージの見た目や値段だけで決めてしまうと、どの条件も満たしていないという結果になることがほとんどです。

これらのポイントは全てクリアしているキャットフードを選ぶようにしてください。

1.グレインフリーのキャットフード

猫にとって穀物は全く必要のないものです。

そもそも穀物を消化する酵素を持っていないので、胃腸に負担がかかってしまい、便秘や下痢などの症状を引き起こしてしまいます。

人間の場合は穀物が体に良いとされていますが、猫にとっては同じではないので注意が必要です。

体に悪いことが分かっているのに穀物を使用している理由は、カサ増し以外の何ものでもありません。

いかに安く大量にキャットフードを作るかという考えのもと使用されているので、猫にとっての健康については考慮されていないんです。

キャットフードを選ぶ際は、必ずグレインフリーのものを選んでくださいね。

2.キャットフードの原材料が良質

市場に出回っている安価なキャットフードも、パッと見は品質に問題がないかのようにも見えます。

しかし、低コストで高品質なキャットフードを開発すること自体に無理があるんです。

コストを抑えようとすると、どうしても原材料の原価を下げるために粗悪な物を使いがち。

その粗悪な原材料というのは、病死した動物や死んだ動物の肉、障害を持った動物の肉といったようないわゆる4Dミートを使用すること…

人間が口にすることは到底考えられないような原材料を使用していることも少なくないので、どういう原材料を使用しているのかというのは、キャットフードを見極める上で重要です。

3.無添加キャットフードであること

合成着色料や香料といった人口添加物が使用されていないということも、キャットフード選びにおいては重要です。

人口添加物を使っているキャットフードは、粗悪な原材料を使用している可能性がとても高いんです。

そのことを誤魔化すために添加物に頼っているので、それらの添加物に頼らずとも美味しく食べてくれる品質のキャットフードを探すようにしましょう。

ドライフードに赤身肉の色に似ている着色料が使われていることがありますが、そもそも猫は赤色を識別できないので視覚的に美味しそうだと思うこともないんです。

飼い主さんが買ってくれるようにメーカーが使っているだけなので、無添加の物を選ぶようにしてくださいね。

カリカリドライキャットフードおすすめランキング

では、カリカリドライキャットフードのおすすめ商品について、ランキング形式で発表していきたいと思います。

1位:モグニャン

モグニャンは、人口添加物や穀物などを一切使用していません。

また、良質な白身魚をメインの原材料として使用しています。

白身魚をたっぷり使っているので、その美味しそうな香りに猫ちゃんが引き寄せられていきます。

グレインフリーである代わりにサツマイモが使用されていて、糖尿病の予防にもなるんですよ。

プレミアムキャットフード『モグニャン』の詳細はこちら

2位:ねこはぐ

ねこはぐ公式

海外産のキャットフードの販売が多い中、ねこはぐは安心の国内産です。

国産のキャットフードでグレインフリーで無添加という全ての条件を満たしているものは、他ではなかなか見つかりません。

猫ちゃんの健康を考慮してオイルコーティングをしていないため、食いつきの良さには若干心配が残るものの、栄養バランスも申し分なく安心安全なキャットフードとしておすすめします。

少し値段設定も高めですが、粗悪な原材料を使用している安価なキャットフードを与えるよりはずっと良いですよね。

国産にこだわるかたにはおすすめですよ!

ねこはぐの詳細はこちら

3位:カナガンキャットフード

カナガン公式

使用されている原材料のバランスが非常に優れいていて、小麦やトウモロコシといった猫ちゃんには不要とされている穀物も一切使用していません。

もちろん、着色料や香料、保存料などの添加物も配合されていないのでご安心ください。

原材料には新鮮なクランベリーやチキン、サツマイモ、海藻がふんだんに使用されています。

子猫の頃からシニアになるまで、ずっと愛用できるキャットフードとしても人気です。

イギリス最高級のキャットフード『カナガン』の詳細はこちら

猫用のドライフードとウェットフードの違いを比較

カリカリキャットフードおすすめ人気ランキング!猫用ドライフードの選び方

猫用のフードには、大きく分けてドライフードとウェットフードがありますよね。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、ご紹介したいと思います。

カリカリのメリット

  • 長期保存可能
  • 安くてコスパがいい
  • 歯石がつきにくい
  • 顎が鍛えられる

ドライフードは、水分を含んでいない分、長期に渡り保存することが可能です。

ウェットフードの場合は、こうはいかないですよね。

ウェットフードよりも安いのでコストパフォーマンスも高いと言えます。

また、歯石が付きづらく、しっかりと噛む力が付いていくので自然と顎を鍛えることができます。

猫を飼う上では食事は毎日のことですし、それなりの経済的負担もかかってきます。

なるべく餌代を安く済ませたいというのであれば、断然ドライフードをおすすめします。

ドライフードのデメリット

  • 食いつきが悪い場合がある
  • 歯が弱い老猫には向かない
  • 水分をたくさん摂らないといけない

ウェットフードの味を知っている猫ちゃんは特にそうなのですが、なかなか食べてくれないことがあるのもドライフードのデメリットです。

ある程度噛む力がないと食べることができないので、顎の力が弱っているシニアの老描には与えづらいかもしれません。

ウェットフードさえ食べておけばあまり水分を摂らなくても心配ないのですが、ドライフードをメインに食べている猫ちゃんは水分補給も気を付けなければなりません。

水分不足になると脱水症状や尿路結石などのリスクも高まってしまいます。

これらのメリットとデメリットを踏まえて、どのように食事を与えていくべきか考えてみてくださいね。

カリカリのドライフードでおすすめはモグニャンキャットフード!

カリカリのドライフードの特徴やおすすめの商品についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

ドライフードにもウェットフードにも、それぞれの良さがありますよね。

餌選びのポイントを踏まえつつ、愛猫に安心して与えることができるキャットフードを探してみてください。

総合的に判断すると、無添加でグレインフリーのモグニャンキャットフードをおすすめします。

  • 獣医師の92%が使い続けたいと回答!
  • 93.9%が継続したいと答えた高満足度フード!
  • 高タンパク質・グレインフリー・無添加フード!
  • 全猫種・全ライフステージ対応のプレミアムフード!

プレミアムキャットフード『モグニャン』の詳細はこちら